深部静脈血栓症について

深部静脈血栓症について

下肢静脈瘤と違い、深部静脈血栓症は場合によって命にかかわる可能性もある病気です。

深部静脈は、下肢静脈瘤ができる表面の静脈ではなく、深いところにある静脈で、ここに血栓ができるのが深部静脈血栓症という病気です。

足が急激に腫れて痛みを伴う症状により発見されることもよくありますが、血栓ができる場所により症状が現れない場合もあり、命にかかわる可能性もあるので注意が必要です。

最初、ふくらはぎの静脈にできることが多いのですが、膝裏の深部静脈や太ももの付け根に血栓ができることもあります。この場合、血栓が肺などへ飛んでいく可能性が高くなりますので、緊急の検査や治療が必要になります。

 

深部静脈血栓症の検査

深部静脈血栓症が疑われた場合、まず足の超音波エコー検査を行います。これで太ももの付け根の深部静脈や膝裏の深部静脈、下腿の深部静脈の枝などに血栓がないかどうかを確認します。足が腫れているケースが多いのですが、肥満などにより簡単に血栓を発見できない場合もあります。そのため、造影CTやMRI検査、静脈造影などの侵襲的な検査で血栓の場所を特定する必要が生じる場合もあります。

また、深部静脈が疑われた場合、 スクリーニングとしてD-ダイマーやFDPなどといった血液検査を行う場合もあります。急性期の血栓があるとD-ダイマーが上昇するので、血栓が新しいものであるかを鑑別するために役立ちます。ただし、高齢者や他の疾患がある場合に上昇するケースもありますので、あくまでもスクリーニングとして行われます。D-ダイマーの値が低い場合には、血栓の可能性が低いと言えます。

 

深部静脈血栓と症状の似た病気

ベーカー(膝窩)嚢腫の破裂は、深部静脈血栓症によく似た症状の病気です。膝の裏にある関節の袋が破れることで下腿の筋肉の間に内容物が広がり、それによって足の腫れや痛みが出てきます。視診では深部静脈血栓症ととても似ていますが、ベーカー(膝窩)嚢腫の破裂は整形外科の病気です。ただし、整形外科の先生方でも血栓症と間違えることがあるほど症状が似ているのでやっかいだと言えます。ただし超音波エコー検査やMRIなどで深部静脈血栓症とベーカー(膝窩)嚢腫の破裂は簡単に鑑別できます。

深部静脈血栓症の治療

急性期の深部静脈血栓症の治療には、ヘパリンの静注、ワーファリンの内服が用いられていました。最近では新しい抗凝固薬であるDOAC(dirct oral anticoagulants)が加わるようになってきています。DOACでは、リクシアナ、イグザレルト、エリキュースが現在保険適用となっています。下大静脈フィルターや血栓溶解術が必要な血栓の程度や場所もありますので、正確な血栓の位置を見極めることが重要になってきます。

慢性の場合には、ワーファリンやDOACの内服治療で静脈血栓の再発予防を行っていきます。

下肢静脈瘤専用新規24時間WEB予約Tel.044-850-8080
当院の口コミを見る当院の口コミを書く