粉瘤(アテローム)について

粉瘤治療について

当院では、皮膚にできる良性腫瘍の一種である粉瘤の治療も行っています。確定診断は切除した組織を病理検査して行います。
皮膚の中に皮膚と同じ構造の袋ができる腫瘍であり。放置すると大きくなることや、感染して炎症を起こす場合があります。自然治癒することはなく、進行すると袋が周囲に癒着するなどで治療を受けても跡が残ってしまう可能性があります。きれいに治すためにも、早めに受診しましょう

粉瘤の症状

粉瘤は皮下に袋ができますが、ここに垢が溜まり、触れるとしこりのように感じます。体のどの部分にもできる可能性がありますが、頻度が高いのは頭・顔・背中・おしりなどです。目立つ部分にできることもあり、しこりが気になってつぶしてしまうと感染しやすいのでご注意ください。粉瘤が細菌感染を起こす炎症性粉瘤では、赤みや腫れ、痛みを生じます。炎症を起こした粉瘤に膿が溜まり、急激に大きくなる場合もあります。

 

 

 

 

粉瘤の原因

外傷、ヒトパピローマウイルスの感染、ピアスの穴などによって発症することが多く、原因がわからない場合もあります。また粉瘤ができやすい体質では、繰り返しできることもあります。

粉瘤の治療

粉瘤治療では、皮膚の下にできた袋を残さず取り出す外科手術を行います。外来で受けられる日帰り手術です。傷跡が目立たないように行うことが重要だと当院では考えているため、メスで皮膚を切開するのではなく、小さな穴をあけるくりぬき法を用いています。小さな穴であれば縫合する必要がなく、そのままきれいに治る可能性が高くなりますし、抜糸の必要がないため余計な負担がありません。そこで、当院では縫合の必要がないできるだけ小さな穴で手術するよう心がけています。
炎症が強い場合には、すぐに手術するとどうしても切開が必要になります。そこで、いったん膿を出して炎症を抑える治療を行い、小さな穴で手術可能な状態まで炎症が治ってから、くりぬき法で手術を行っています。こうすることで炎症が強い粉瘤でもほとんど傷跡を残さずに治すことが可能になります。
ただし、袋の癒着が強い場合など、くりぬき法が使えないケースもあります。その際にも、できるだけ小さな切開を心がけていますが、できれば悪化する前に受診してください。

治療費用

粉瘤の手術は健康保険が適用されます。
費用は、粉瘤のある場所が露出部か非露出部かによって変わり、サイズでも変わってきます。なお、ご紹介している目安の金額は税別になっています。

非露出部(半袖・半ズボンで隠れる場所)

直径3cm未満
1割負担 約1,280円
3割負担 約3,840円

3~6cm未満
1割負担 約3,230円
3割負担 約9,690円

6cm以上
1割負担 約4,160円
3割負担 約12,480円

※局所麻酔代や軟膏代等として約500~600円、病理検査代として約3,000円が別に必要となります。

露出部(半袖・半ズボンで隠れない場所)

直径3cm未満
1割負担 約1,660円
3割負担 約4,980円

3~6cm未満
1割負担 約3,670円
3割負担 約11,010円

6cm以上
1割負担 約4,360円
3割負担 約13,080円

※局所麻酔代や軟膏代等として約100~200円、病理検査代として約1,000円が別に必要となります。

下肢静脈瘤専用新規24時間WEB予約Tel.044-850-8080
当院の口コミを見る当院の口コミを書く